×

CATEGORY

  • 飛騨牛登録農家のお米販売サイト 株式会社拳 飛騨牛登録農家のお米販売サイト 株式会社拳
  • 飛騨牛登録農家のお米販売サイト 株式会社拳 飛騨牛登録農家のお米販売サイト 株式会社拳
  • 飛騨牛登録農家のお米販売サイト 株式会社拳 飛騨牛登録農家のお米販売サイト 株式会社拳
  • 乗鞍山系から流れる清らかな水 飛騨地方特有の恵まれた気候 乗鞍山系から流れる清らかな水 飛騨地方特有の恵まれた気候
  • 飛騨高山の雄大な自然で育ったコシヒカリ 全国のご家庭へお届けします 飛騨高山の雄大な自然で育ったコシヒカリ 全国のご家庭へお届けします
  • 自然の恵みを最大限に活用した循環農業 安全・安心の全量有機肥料を使用 自然の恵みを最大限に活用した循環農業 安全・安心の全量有機肥料を使用


お知らせ

自然の恵みを受けて育ったお米、岐阜県産コシヒカリ『飛騨う米』を全国へお届けします!

今年も美味しいお米が収穫できました!もっちりふっくら飛騨う米 ぜひぜひご賞味ください!

飛騨う米 白米 飛騨う米 白米
ふっくらと炊き上がり、程良い甘みと粘りの美味しいコシヒカリをご堪能ください。
飛騨う米 玄米 飛騨う米 玄米
味わいが豊かで栄養豊富な玄米、健康志向の方にお勧めです。

循環農業で育てた飛騨牛登録農家のお米、岐阜県産コシヒカリ『飛騨う米』

循環農業で育てた飛騨牛登録農家のお米、岐阜県産コシヒカリ『飛騨う米』

株式会社拳(こぶし)は、牛を育てながら循環農業でお米を育てている飛騨牛の登録農家です。
有機肥料等を使用し、農薬を最小限に抑えた「特別栽培米」基準で生産しております。
飛騨牛の母牛には、田んぼでとれたワラや野草、精米から出たヌカを与えて育て、モミ殻は母牛の敷物として使い、丈夫な子牛を産んでもらっています。たい肥を半年ほど熟成させ田んぼに返し、長く寒い飛騨の冬を迎え、春に田植え、夏に草刈、秋に収穫しております。
自然の循環を活用し元気に育ったお米、岐阜県産コシヒカリ『飛騨う米』は、ふっくらと炊き上がり、程良い甘みと粘りが絶品です。
※モミ殻、野草、ヌカは、それぞれ時期により木クズ、輸入乾草、配合飼料となる場合がございます。

当社の生産飛騨牛「孝隆平」(たかりゅうだいら)は、県畜産研究所の能力検定にて、県内歴代最高の肉質能力を有することが判明されました。

飛騨牛「孝隆平」についてはこちら

第20回 米・食味分析コンクール:国際大会『特別優秀賞』受賞

第20回 米・食味分析コンクール:国際大会『特別優秀賞』受賞

平成30年11月26,27日に行われました、第20回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会in飛騨にて、当社が栽培しました 株式会社拳「飛騨う米」が栽培別部門 認定農業者「特別優秀賞」を受賞しました。
日本大会では全国各地から5,717品が出品され、そのうち142品が国際大会に選出されました。
大会史上最多となるお米の中から当社が栽培しましたお米、岐阜県産コシヒカリ「飛騨う米」は金賞に準ずる食味であると評価を受け、日本のみならず世界でも評価されました。

環境王国「高山市」の豊かな自然環境

環境王国「高山市」の豊かな自然環境

高山市は、昼夜の大きな気温差、冷涼な気候、豊富でおいしい水など、飛騨地方特有の自然に恵まれた地域です。
当社の田んぼも飛騨山脈乗鞍山系に囲まれた地形にあり、山々から流れてくる清らかな水でお米を生産しております。さらに高山市は岐阜県で初めて「環境王国」の認定を受けた地域でもあります。「環境王国」とは、優れた自然環境と農業のバランスが保たれ、安心できる農産物の生産に適した地域です。多様な生物が生息する良好な水、肥沃な大地の恵み、有機肥料等を使用して育ったお米、岐阜県産コシヒカリ『飛騨う米』を是非ご賞味ください。

特別栽培米とは

特別栽培農産物とは、栽培期間中の「節減対象農薬の成分使用回数」と「化学肥料の窒素成分量(kg/10a)」の双方を慣行の50%以上減らして栽培された農産物のことです。また、特別栽培農産物の慣行レベルは各県により設定されているため、同じ特別栽培米でも地域により大きく異なります。
岐阜県の特別栽培米の慣行レベルは、「節減対象農薬の成分使用回数」24回に対し、12回。化学肥料の窒素成分量(kg/10a)」8.8に対し4.4となっています。
また、株式会社拳は化学肥料の窒素成分を苗のときにしか使用しておらず、その量も10aあたり0,0255kg(約0,03kg)1割未満と限りなく削減しています。
その後、収穫までは有機肥料のみを使用して栽培しており、農薬や化学肥料の使用量を限りなく抑え特別栽培米の基準を優にクリアしています。この数値は株式会社拳のお米に懸ける情熱と飛騨高山の恵まれた環境だからこそ達成できる成果でしょう。

美味しいご飯の炊き方!

1.米研ぎ

① 水を入れ2~3回軽くかき混ぜ、すぐに水を捨てます(汚れ取り)
② 水を捨てた状態で指を立てて20回程度かき混ぜ、その後水を加えて2~3回かき混ぜます。
③ ②の行程をもう1回繰り返します。
④ 濁りの濃さが気になればもう1度②の行程を繰り返します。新米~初夏までは3回を上限に。夏を越したお米は4回を上限に。それでも濁りが気になれば研がずにすすぎ水で濁りを洗ってください。

2.浸水

⑤ 研いだお米を水に浸します。夏場で30分、冬場で2時間を目安に浸水します。夏場で一晩置くときは冷蔵庫に入れることをオススメします。

3.お米を炊く

⑥ 規定量まで水を入れて炊飯のセットをします。固めが好きな方は少しだけ水を減らしてください。

*お水について
米研ぎの水と炊飯時の水は、水の硬度が30以下のミネラルウォーターを使うと美味しく炊きあがります。硬度10以下の水があれば、さらに美味しく炊きあがります。

やってはいけない4か条
①最初の水切りは素早く!
②ゴリゴリ、ゴシゴシしない!
③水が透明になるまですすぎを繰り返さない!
④研いだ後すぐに炊飯しない!

商品一覧

当社へのお問い合わせ

TEL&FAX 0577-70-8251 0577-34-5494

営業時間 9:00~18:00 定休日 不定休 

メールはこちら